お得に読書を楽しもう!Kindle Unlimitedなら30日間無料

Kindle Unlimitedのおすすめポイントと厳選書籍【半年間に113冊読んだ私が解説】

Kindle Unlimitedを 半年間に113冊読んだ私が徹底解説Kindle Unlimited
この記事は約6分で読めます。

「Kindle Unlimited」はAmazonが提供する本読み放題サービスです。

暇つぶしのためになんとなく「Kindle Unlimited」の利用を開始した私ですが、気が付いたらどっぷりとはまってしまい半年間で100冊以上の本を読むヘビーユーザーになっていました。

立ち読み感覚で気軽に本を読むことができて、漫画を読んで暇つぶしするだけでなく、話題の本を流し読みしたり、仕事で欲しい知識や資格取得のために勉強したりと使い方は千差万別です。

Kindle Unlimited」を利用して国家資格を取得できたり、資産運用が上手くいったり、漫画で暇つぶししたりとフル活用している私が良いところから悪いところまで徹底解説します。

この記事を読むことで得られること!
  • 「Kindle Unlimited」の概要が理解できる
  • 30日間無料でお試しをする方法が分かる
  • メリット・デメリットが分かる
  • どんなおすすめの本があるか把握できる
  • 「Kindle Unlimited」に加入すべきかどうか判断できる

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)とは

「Kindle Unlimited」 は月額980円で約132万冊以上の小説やマンガ、雑誌、技術書などのさまざまなジャンルの本を読むことができます。仮にライトノベルを購入すると1冊600~1,000円くらいはするので月に2冊以上読む方であれば簡単にもとが取れてしまうのでおすすめです。

Kindle Unlimitedは通常月額980円ですが、時々3か月で299円で利用できるキャンペーンをやっていますので要チェックです!

Kindle Unlimitedを利用する前に知っておきたいこと

専用の端末が無くても利用可能

Amazonから「kindleシリーズ」が販売されていますが、kindleが無くてもお手持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンにアプリをインストールすることで「Kindle Unlimited」を利用できます。

全ての本が読み放題の対象ではない

残念ながらamazonで取り扱っている本の全ては読み放題ではありません。本が売れなくなってしまいますからね。具体的には新刊や人気が高い本は読み放題対象外です。

売れ筋ランキングを確認(2019年9月5日)したところTOP100で読み放題対象の本は0冊でした。

カテゴリ別の売れ筋ランキングTOP10の読み放題対象の本について調べてみました。(2019年9月5日時点)

カテゴリ読み放題対象の冊数読み放題対象のタイトル(抜粋)
投資・金融・会社経営これ一冊で基礎から運用までOK! 投資信託 超入門
文学・評論読書の学校 池上彰 特別授業『君たちはどう生きるか』
ビジネス・経済直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN
趣味・実用超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由
コミック・ラノベ働かないふたり
コンピュータ・IT 7あなたの知らないApple Watch
語学9難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

カテゴリ別のランキングでは割と多くの本が読み放題対象となっていました。「趣味・実用」、「コンピュータ・IT」、「語学」カテゴリではなんと10冊中7冊以上が読み放題対象です。

テレビで分かりやすい解説でおなじみのジャーナリストの池上彰さんメンタリストのDaiGoさんの本も読み放題対象になっているタイトルがありついつい読みたくなってしまうラインナップになっています。

ダウンロードできる本は最大で10冊

ダウンロードしていつでも読める状態にしておける本は10冊までです。11冊目をダウンロードしようとするとダウンロードした本のどれかを削除しなければなりません。

10冊もあれば十分だと思っていましたが、実際に使ってみると見たい本をストックしておくためにもう少し容量が欲しいなと思いました。

「prime reading」との違い

prime readingはプライム会員限定のサービスです。Kindle Unlimitedのタイトルの中から数百冊が対象になります。

2019年9月5日時点でprime readingの対象タイトルは自己啓発書で有名な「夢をかなえるゾウ1~3」やメディアアーティストとして活躍する落合陽一さんの「日本再興戦略」などがありました。

すでにプライム会員の方であればまずはprime readingを使ってみるのがおすすめです。もっといろんな本が読みたいとなればKindle Unlimitedに加入すると良いかもしれません。

Kindle Unlimitedのメリット

時間とスペースの節約

ネットがつながればどこでも本を選んでダウンロードして読めるのでちょっとした隙間時間でも有効活用できます。本屋さんへ移動してさらに店内を歩き回って欲しい本を探すと比べるとかなり時間が節約できます。

本って意外と場所取りますよね。何回も読み返す本はほとんどなくて1回読んだらたいていずっと本棚に置かれることになります。Kindle Unlimitedで本を読む場合は電子データなのでもちろん保管する場所を確保する必要がありません。

会話のネタに困らなくなる

とにかく様々な本が読み放題なので買うのはちょっとなーと踏みとどまって今まであれば読むことのない本でもKindle Unlimitedなら立ち読み感覚で読めるので多くの情報が得られて会話のネタ集めに最適です。

実際のところ会話のネタを集めようと意識しなくとも、Kindle Unlimitedで気になった本を読んでいれば必然と自分の中に情報が蓄積されていくので会話の引き出しが多くなりました。

Kindle Unlimitedのデメリット

過去に読んだ本が分からない

今まで読んだ本の履歴が残らないのでどんな本を読んだか振り返ることができません。この本って前読んだっけ?となりとりあえずダウンロードして読んでみたらなんだ読んだことあるわ!時間とパケット無駄にした!ってなったことが何度かあります。

検索機能が使いずらい

Kindle Unlimitedのタイトルに絞ってキーワード検索ができません。検索フィルターはカテゴリ、カスタマーレビューの星の数、発売日、著者、出版社です。

あとは並び替えでアマゾンおすすめ商品、価格の高い・安い順、レビューの評価順、出版年月が新しい順で並び替えができます。

まとめ

  • 本を月に2冊以上読む方であれば簡単にもとが取れます
  • プライム会員の方であればまずはprime readingを使ってみるのがおすすめ
  • 時間とスペースの節約になる
  • さまざまな情報を収集することができ、話のネタに困らない

コメント