ベビーフェンスのおすすめ7選。失敗しない選び方も解説!

赤ちゃんを危険から守るためにベビーフェンスやベビーゲートは必須です。

我が家ではリビングとキッチンの間にベビーフェンスを設置してコンロから出る火や飛び散る油、炊飯器の蒸気、包丁等の刃物などから赤ちゃんを守ってくれています。

ベビーフェンスはベビーゲートと違い、扉(ゲート)は無くて高さが低めに設計されており大人はまたいで通れます。通行頻度が高い場所に設置するのに適しています。

本記事では体験談をもとにベビーフェンスの選ぶポイントとおすすめのベビーフェンスについてまとめましたので参考にしてみてください。

ベビーゲートに関する記事はコチラ
あわせて読みたい
階段上のベビーゲートはロール式がおすすめ!【徹底解説】 我が家の息子がずりばいをマスターして行動範囲が大幅に広がったため、安全対策の一環として賃貸アパートの階段上にベビーゲートを設置しました。 ベビーゲートってたく...

ベビーフェンスの選び方

自立式と突っ張り棒式

設置方法はベビーフェンス自体で支えて立つことができる自立式と壁との間に棒で支える突っ張り棒式があります。

自立式は壁等に固定していないので動かしたい時にサッと動かせるメリットがありますが、若干不安定になります。

突っ張り棒式は自立式より安定感に優れますが、すぐに移動することはできない点と壁同士の間が既定の距離でないと設置できない点、壁が傷つく可能性がある点がデメリットとして挙げられます。

高さ

ベビーフェンスは跨いで通ることになるので簡単に跨げる高さかどうかが重要です。

我が家ではキッチンとリビングの間にベビーフェンスを設置したので手に料理を持った状態でも安定して跨げる高さの製品を選びました。

ベビーフェンスを設置した後の家での過ごし方をイメージすると失敗が少ないと思います。また、購入を検討しているベビーフェンスの実物を確認したり、ベビーフェンスの高さを模擬して跨いでみたりしてみるのも有効です。

ベビーフェンスは階段上に設置できる?

ベビーフェンスは基本的に自立式や突っ張り棒式になるため階段上には安全上の理由で設置できません。

階段上に設置できる製品は壁へのネジ固定をするタイプのベビーゲートになります。

階段上に設置できるベビーゲートについては以下の記事でまとめてますのでご参照ください。

あわせて読みたい
階段上のベビーゲートはロール式がおすすめ!【徹底解説】 我が家の息子がずりばいをマスターして行動範囲が大幅に広がったため、安全対策の一環として賃貸アパートの階段上にベビーゲートを設置しました。 ベビーゲートってたく...

ベビーフェンスのおすすめ

西松屋 【SmartAngel】シンプルフェンス

[rakuten id=”nishimatsuya:10097029″ title=”Smart Angel シンプルフェンスS” kw=”シンプルフェンスS
西松屋”]

ベビー・赤ちゃん用品の専門店西松屋の製品です。

メッシュ生地で赤ちゃんを優しくガードしてくれます。また、突っ張り棒式で取り付けが簡単な点もうれしいです。

価格は比較的安価ですが頑丈にできています。半年以上使用していますが、赤ちゃんが倒れ掛かってもずれることなくおすすめです。

サイズは取り付け幅違いで3種類あり、Sサイズは60~90cm、Mサイズは90~130cm、Lサイズは130~185cmと間取りによって選択することができます。

購入レビューを書いていますので購入を検討されている方は参考にしてください。

あわせて読みたい
西松屋のベビーフェンス「シンプルフェンス」をレビュー【おすすめ】 赤ちゃんがずりばいを始めると部屋の中は火を扱うキッチンや棚などの倒れるもの、割れる恐れがあるものなど危険が盛りだくさんです。 そんな危険から赤ちゃんを守ってく...

日本育児 おくだけとおせんぼ S,M,L,XLサイズ

[rakuten id=”netbaby:10008715″ title=”ちょっとおくだけ とおせんぼ 日本育児” kw=”ちょっとおくだけ とおせんぼ 日本育児”]

自立式で移動が簡単なベビーフェンスです。

自立式ですが前後に付いている大型のスタンド(セーフティプレートとスタンドフレーム)がしっかりと本体を支えるため安定しています。

コンパクトに折りたたむことも可能なので普段はしまっておいて、必要な時に必要な場所に置くことができます。

日本育児 らくらくとおせんぼ2

[rakuten id=”ebaby-select:10001131″ title=”日本育児 らくらくとおせんぼ2″ kw=”日本育児 らくらくとおせんぼ2″]

突っ張り棒式で子どもの成長に合わせて高さを変更できる高さ調節機能が付いたベビーフェンスです。

ネットは見通しが良いメッシュ素材でベビーフェンスの向こう側にいる赤ちゃんの様子を確認出来て安心です。

サイズは取り付け幅違いで3種類あり、Sサイズは65~90cm、Mサイズは90~130cm、Lサイズは130~185cmですべてのサイズで高さを56cmと61cmに調整できます。

この製品は壁へのねじ止めが必要なので注意してください。

日本育児 ふわふわとおせんぼ

[rakuten id=”netbaby:10002298″ title=”ふわふわとおせんぼ【日本育児】” kw=”ふわふわとおせんぼ 日本育児”]

突っ張り棒式で上部の頭をぶつけやすい部分にふわふわクッションが入っていて痛くないような工夫がされたベビーフェンスです。

サイズは取り付け幅違いで3種類あり、Sサイズは65~90cm、Mサイズは90~140cm、Lサイズは140~185cmですべてのサイズで高さは60cmです。

日本育児 新型 おくだけとおせんぼ スマートワイド

[rakuten id=”ebaby-select:10001282″ title=”日本育児 新型 おくだけとおせんぼ スマートワイド ベビーゲート 置くだけ 滑り止めマット付き” kw=”日本育児 おくだけとおせんぼ スマートワイド”]

自立式で形状を変えられる自由度が高いベビーフェンスです。

“新型”になっており、以前の「おくだけとおせんぼ スマートワイド」からモデルチェンジしていおり、ヒンジ部がよりコンパクトに進化しています。

スタンドフレームとサイドスタンドで安定感を向上させていますので自立式の中では高安定な製品になります。滑り止めマットが最初から付属しているので後から買って張り付ける手間が省けてうれしいですね。

Evenflo ベビーフェンス

[rakuten id=”ideali-store:10000645″ title=”赤ちゃんやペットのためのベビーフェンス Evenflo” kw=”ベビーフェンス Evenflo”]

Evenflo(イーブンフロー)はアメリカの会社で世界展開している有名な赤ちゃんブランドです。

とにかく見た目がとてもおしゃれです。壁に接触する部分はゴム素材なので壁を痛めないように工夫されています。

サイズは取り付け幅が66~106.7cmで高さが58.5cmと取り付け幅の対応範囲が広いです。

グリーンライフ ベビーフェンス

[rakuten id=”dcmonline:10326675″ title=”グリーンライフ ベビーフェンス” kw=”グリーンライフ ベビーフェンス”]

シンプルなベビーフェンスです。

サイズは取り付け幅違いで3種類あり、Sサイズは60~90cm、Mサイズは90~130cm、Lサイズは130~185cmで高さはすべてのサイズ同じで60cmです。

ベビーフェンスのまとめ

シンプルな製品からちょっとおしゃれな製品まで色々なベビーフェンスが販売されています。

購入前にお部屋に設置することをイメージして赤ちゃんとの生活がより良いもになる製品を選べると良いですね。

よかったらシェアしてね!