【折りたたみベビーハイチェア】木製ハイチェアCENA(セナ)がオススメ

我が家ではローテーブルで食事をしていたので赤ちゃんの椅子は今までバンボ(Bumbo)ベビーソファを使っていました。

この度、ダイニングテーブルを購入したのでテーブルの高さに合わせてベビーチェアのカトージ製の折りたたみ可能な木製ハイチェアCENA(セナ)を購入しましたので使用感についてレビューします。ぜひ参考にしてみてください。

木製ハイチェアCENA(セナ)の特徴

[amazon asin=”B00KX00J9E” title=”カトージ 木製ハイチェア cena” kw=”カトージ 木製ハイチェア cena”]

ベビー用品を扱う日本メーカー「KATOJI(カトージ)」の製品でハイチェアは6種類あるのですが、その中でも木製ハイチェアCENA(セナ)は

  • 折りたたみが可能でコンパクトに収納できる
  • 足のステップが調整可能

といった特徴がある製品です。

折りたたんでコンパクトに収納が可能なのでリビングがあまり広くない賃貸アパートにお住まいの方やリビングのスぺースを有効活用したい方にはぴったりです。

木製ハイチェアCENA(セナ)の組み立て

組み立て簡単でテーブルをボルトで締めるだけなので10分ほどで完成しました。ボルトを締める工具も付属していますので特に用意するものもありません。

木製ハイチェアの梱包状態

重さが10kg弱あるので結構重たく、ほぼ組みあがっている状態なので段ボールも大きいです。アパートで2階以上にお住まいの方や2階がリビングの方は運ぶのが大変かもしれません。

段ボールから開けるとしっかりと緩衝材に覆われていて、傷やへこみなどは一切ありませんでした。

テーブルは付属の六角レンチを2つ使ってボルトを2か所締めるだけで簡単です。

足を乗せるステップは1番上に付いた状態で送られてきましたので、お子さんの足の長さに合わせて調整します。うちの子は2段目くらいがちょうどよかった付けなおしました。これも六角レンチでボルトを締めるだけなので簡単に変更できます。

ステップは4段あるのですが、使用していないステップの取付穴にボルトをはめておくと説明書に書いてあったので一応すべて取り付けました。子供が指を突っ込んでケガをしないようにするための配慮でしょうか?あまり必要性が感じられなかったです。ステップを付け替えるときにわざわざ外す必要がでてきて面倒ですしね。

完成!木目もきれいで肌触りも良いです。後は気に入って使ってくれればいいのですが。。。

木製ハイチェアCENA(セナ)の使用感

子どもはまだ1歳半なので使い心地の感想を聞くことはできませんが、ごはん食べる時は自分から座ろうとしてくれてとても気に入ってくれている様子がうかがえます。テーブルの高さがダイニングテーブルと同じなのでみんなと同じ目線でごはんが食べれるのがうれしいようです。

親の立場からは良い点として下記3点が挙げられます。

  • 重量感があってバランスが安定しているので子どもが暴れても安心
  • 角にはしっかりと丸みがついていて痛くないようになっている
  • コーティングがしっかりされているので食べこぼし、飲みこぼしがふき取りやすい

逆にいまいちな点は

  • テーブルのヒンジ部の隙間に食べこぼしが入ると取り除くのが大変
  • 足を乗せるステップの変更が少しめんどくさい

テーブルは可動式なのでどうしても隙間ができるのはしょうがないですね。テーブルを持ち上げてあげればたいていの食べ残しはきれいにふき取ることができます。

足を乗せるステップについてはそんなに頻繁に変更するものではないので気にするレベルではないかもしれません。

[amazon asin=”B00KX00J9E” title=”カトージ 木製ハイチェア cena” kw=”カトージ 木製ハイチェア cena”]

よかったらシェアしてね!